もし、あなたが好きなことを軸に時間と場所に制限されない暮らしを5年間続けた僕の体験を知りたいなら

こんにちは、「しんたろう」です。

僕の体験に興味をもっていただきありがとうございます。

↑南太平に浮かぶサモアという国でサーフィンをしている様子。

 

おそらく、このメッセージを読んでいる、あなたは今、2つのことが気になっていると思います。

  • できるなら好きなことをして生きていきたい。
  • 理不尽が社会構造から抜け出して、もっといい暮らしをしたい。

なぜわかるかというと、まさに10年前の僕がそうだったからです。

 

中学生の時から部活動などに専念し、意味のわからないタテ社会で消耗しながら生きてきました。

 

そして大学4年の時に起きた海外留学先で「僕もこんなふうに、自分の好きな生き方をしていきていきたい」と憧れる人にあったからです。

 

そして現在、5年前から理想としていた生活を手に入れることができています。

 

残念ですが日本にはあまりそういう人って少なく、そうした人の体験談を聞くことってあまりありません。

 

ですので、

  • できるなら好きなことをして生きていきたい。
  • 理不尽が社会構造から抜け出して、もっといい暮らしをしたい。

と思っているあなたに、実際に僕が時間と場所に囚われない自由な生き方をした結果について、そして、どうやって自由な生活をていれることができたのかをシェアしたいと思います。

 

これから訪れる世界恐慌やコロナ対策をしながら生活を守る方法としても利用できるので、ぜひ最後まで読んでいただけるとありがたいです。

 

それではさっそく本題に入ります。

※文章が日記帳になるのでお許しください。

=================

僕は現在、 海外を転々としながら好きな時に好きな場所でサーフィンをするという生活を続け5年目を迎えようとしている。

そして、なぜ僕がここにこんなことをワザワザ書いているのかと言うと、

「むだな大量生産・大量消費、そして、ただたんにカネ稼ぎをするため、まったく社会的意義のない仕事や生き方を辞めて、大切な人や大切なものだけに時間とお金をそそぎ、幸せな生き方をしましせんか?」

ということを伝えたいからだ。

 

結論から言うと「あなたが欲しいモノを手に入れるスキルさえみにつければ、お金と時間をかけずに幸せになれる」ということです。

 

きっかけはいろいろあるが、日本という奴隷社会を一度抜け出して、海外のユートピアを体験してからというもの日本で生活しな

 

自分が本当にしたいこと、自分が本当に大切にしたいこと、人、家族、パートナーを見捨てでも仕事してくる社会なんて本当にクソだ。

 

そこに生きている価値はない。

 

そう感じさせてくれたのは、ある国でのある体験だった。

 

日本とはまったく違う価値観をもった人たちにより街や社会がつくられていて、そこでは人生を楽しむことを基準にしてみんな生活している。

 

「ところ変われば品変わる」という言葉があるけれど、国が変われば価値観が変わる。制度が変わる。生活が変わる。仕事を最小限にしても自分や大切な人を幸せにして暮らすことができるのだ。

 

もし、あなたが今の苦しい環境から脱出したかったり、もっと自分の納得する人生を送りたいと思っているなら、きっと僕の海外生活(計8年)と旅しながら生活してきた体験が役立つはずだ。

 

僕は日本を脱出し、今は幸せな生活を送っている。(もちろん帰りたい時には帰れる。)

 

そして、その暮らしは良いとこ取りで少しズルい暮らし方かもしれない。

 

なぜなら、日本人は勤勉こそが美徳で、従順であることが求められる社会であり、「苦しい中でも頑張る」というのが深く文化に根付いているマゾ民族だからだ。

 

日本人からしたら「そんな生き方認められない」という人もいるだろう。

 

でも、その結果が過去30年日本の経済は停滞を続け、東南アジアに比べても貧しくなってしまっている(とくに若者)といのが現状だ。

 

もし、この現実を変えたいと思うのであれば、ぜひあなたにもこの文章を最後まで読み切って欲しい。

 

そして、僕が5年間かけて手に入れた「欲しいモノを手に入れて幸せになるスキル」を受け取って欲しい。

 

このスキルがあれば、世界中どこでも生きていける。

 

そして、あなたが大切だと思う価値観や人、モノを大切にして暮らすことができる。

 

ぜひスキルを身に着けて「労働」から開放されて、よりよい生活環境を手に入れて欲しい。

 

ちなみに、僕が「欲しいモノを手に入れるスキル」を使っって手に入れたモノは以下である。

僕が「欲しいモノを手に入れるスキル」を使って手に入れたモノ一覧

僕があまりお金を必要としていない理由の1つが、最小限のお金で欲しいモノ、必要なものを手に入れるスキルを身につけてきたからだ。

 

つまり、お金のために働く必要を最小限に抑えるので時間が有効活用でき、さらに以下のものを手に入れることができた。

  • 1億円の豪邸に無料で1ヶ月泊めさせてもらう
  • 1ヶ月20万円の滞在費がかかる海沿いのおしゃれな高級ヴィラに2ヶ月泊めさせてもらう
  • 旅行しながら収入をえるシステムを作り3000万円以上を稼ぐ
  • 無料で6ヶ月間、3食・車付きで南国の別荘のような家に宿泊する
  • 総額54万円のサーフトリップにわずか2万円で連れて行ってもらう
  • 2年間海がキレイな南国で1日3時間労働で月に15万+2LDKのアパートを無料で提供してもらう
  • 2012年のロンドンオリンピックにコーチとして参加させてもらう
  • 1ヶ月7万円の宿に無料オファーをもらう
  • レストランのオーナーから2万円分の食事をおごってもらう
  • 旅先で知り合った人に定価8万円の新品のサーフボードをもらう
  • 好きな時に好きな場所に移動しながらサーフィンするライフスタイル
  • 1〜3ヶ月毎にアドレスホッピングしながら海外で暮らす
  • 自分の会いたい人にいつでも会える環境
  • 休みを取らずに2週間使って両親をマチュピチュに連れていき親孝行
  • 心から尊敬しあえる最愛のパートナー(彼女)を得る
このように文字通り「欲しいモノを手に入れるスキル」があれば、お金を使わなくても贅沢なくらしができたり、むしろ欲しいモノがお金ならお金をオンライン上で稼ぐこともできるのだ。

なぜか?それは、僕が「交換の原理原則」を知っているからである。

 交換の原理原則を詳しく知りたい>

※無料で「1ヶ月のスキル習得プログラム」を提供しています。満員になりしだい終了します。

※満員になりましたので募集を終了しました。

 

もし、最後まで読んでいただけたら、あなたの世界観がかわり、さらに社会が一歩よい方向へ進むので嬉しい。

 

好きなことをベースにして生きている生活を手に入れて、大きく変わったのは

  • どこでも収入や住む家や食事を手に入れられるようになった。
  • 好きなコトを好きな時間に好きな場所で過ごせるようになった。
  • 好きな人で周りにあふれ、嫌いな人と関わる必要がなくなり人間関係のストレスフリーになった。
  • 好きなコトや好きな人にかこまれているから毎日幸せと充実で溢れている。
  • 将来にしても自分次第で選べることに楽しみを感じられている。

ということだ。

 

だから、もし僕のように好きなことを軸にして幸せを求める暮らしを多くの人ができるようになれば、社会全体からストレスがなくなりもっと暮らしやすい世の中になると僕は信じている。

 

今回は、そうした意味を込めて僕が好きなことを軸にして生活しだした5年間の記録とそれまでの過程についてしてシェアしたいと思う。

日本でウズウズして満たされないままの生活を送っているあなたの人生観を変えるきっかけになったら嬉しい。

 

まずはじめに、僕が旅先で出会った人からされるよくある質問、そしてきっとあなたも気になっているだろう僕の収入源について答えておきたい。

 

簡単に言うと、 WEBマガジン(雑誌のインターネットバージョン)を作り、企業からその読者にあった広告を掲載して収益をあげている。

全体の収益で言うと6年で3000万円くらいの収益をあげている。

 

決して多くはないが、好きなことができて20代後半から年収500を稼げていれば悪くもない収入である。

 

特に海外にいながらも日本人を顧客にとり収入を得ることができるのは大きなメリットだ。

 

そして今ならリモートワークやテレワークが一般化しつつあるので、わざわざ新しいスキルや知識をみにつけなくても海外にいながら収益を上げることが普通になりつつある。

 

僕はそんな働き方を2013年から目指し、2016年から起動に乗せて、2020年6月(現在)、今は海外を転々しながら生活している。(現在はバリ島でロックダウン中)

 

そもそも、なぜこのような仕事をしているか(見つけたか)と言うと最初にも伝えたが「上質の波に乗れる海外でサーフィンをしながら生活する」ことを21才の時に人生の目標としてぼんやりとだが定めことがきっかけだ。

 

と言っても、この目標を掲げ実行に移すまでに3年もかかった。

 

簡単にこの目標を掲げ、「今すぐ実行!」となれたわけではない。

 

それまでの僕はといと英語教師を目指しており、普通の給料をもらい、それなりにやりがいのある仕事をしてそれなりの幸せを手に入れることを考えていた。

しかし、その目標もこれから話す「とある体験」をもとにグラグラとゆらぎ、なんと600万円以上かけて取得した英語免許を捨ててまで「海外でサーフィンをしながら生活したい」と人生を大きく方向転換するまでになってしまった。(いい意味で)

 

そのとある体験とは、僕が海外で長期滞在した時におきた価値観の大きな変化である。

 

日本のパスポートの所持率は20%程度であり、海外に長期滞在する人なんてほんのわずか。

 

さらに21才で1年間、1人で海外に住むなんて日本国民の1%にも満たないだろう。

 

だから、きっと僕のように価値観が大きく変わり生き方も変わった経験をする人なんてほとんどいないだろ。(ワーキングホリデーで長期滞在する人も日本に戻れば大抵サラリーマンをしている。)

 

そして今、その「とある体験」がもとで今、現在はその目標を達成し5年目を迎えることができている。

充実度としても最高であり「もう日本の理不尽な縦社会や言いたいことをいいにくい社会では生活できない」というのが本音だ。

 

もっと多くの人に、こんな美味しい生き方を知ってほしいと思う。

 

もちろん楽しい事ばかりだけではなく多くの失敗もしてきた。

 

人間関係の問題からいに穴が空きそうになったり、ストレスから睡眠障害を引き起こし、気が狂うような日々を送ったこともあった。

 

経験がないからこそ人に騙されたり、うまく利用されたことも、もちろんある。

 

知識がないあまりに被った損失は300万円以上にもなるだろう。

 

もし、僕が好きなことを選ぶ人生に舵を切る前に知っていたら良かったのにな、と思う知識や情報なんてゴマンとあるので、そんな知識や情報も提供したい。

 

僕の場合は軌道に乗るまで4年間を費やしたが、10年前の僕が今の僕の経験と情報をもっていればもっと早く、そして最小限のリソースで今の状態になれていたと思うからだ。

 

そこで、今回は、10年前の僕のように【なんの知識もコネも、ましてや金もない状態から海外を自由に動き回り、経済・時間・場所の自由を手に入れ、さらに5年間持続させてきた秘訣】を、これから自分でなにか始めたいと思っている人や自由な生活を手に入れたいと思っている人に役立つレポートを提供しよううと思う。

体験レポートを受け取る>

※無料で「1ヶ月のスキル習得プログラム」を提供しています。満員になりしだい終了します。

※満員になりましたので終了しました。

 

なぜ、「欲しいモノ」を手に入れられるのか?

僕がうまくいっている最大の理由は「自分が本当に欲しいモノを低リスクかつ確実性の高い選択肢を選び続けたから」である。

 

ちょっと長い文章になったがコレが答えである。

 

そして、多くの人がわかっているようでわかっていないのが、文の最初にもある「自分が本当に欲しいモノ」なのだ。

本当に欲しいモノを明確にできるから

欲しいモノが手に入らない人の1番の原因は欲しいモノが明確になっていなく曖昧だからである。

曖昧だから、欲しいモノがぼやけててあまり見えておらず、実勢に手に入れたモノを手にしても「イメージと違った」ということが生じてしまう。

 

僕によく寄せられる相談で

「彼女が欲しいのですが、どうしたらいいですか?」

ということがある。

そんな時は逆に質問として、

「どんな彼女が欲しいの?」

と聞き返す。

 

すると出てくるのは

「優しい人がいい」
「口数は好きな目でおっとりした人がいい」
「自己主張が強すぎる子は嫌だ」

というような、あまりにもよくある曖昧な答えが返ってくる。

 

そしてさらに僕がその答えを踏まえて質問をする。

「じゃあ優しくて、口数少なめでおっとりした、自己主張が少なめなカワイイ女の子で、趣味はうんこ集めでもいいの?

 

すると、「そんな極端な(笑)」とか「そんなわけないでしょ!」という言葉が瞬時に返ってくる。

 

でも最初のリクエストは「優しくて、口数少なめでおっとりした、自己主張が少なめなカワイイ女の子」というリクエスト条件はクリアしているのである。

 

それにもかかわらず、本人は「違う!」というのだから、そもそも本人も最初の「どんな彼女がほしいかわかっていない」のだ。

 

これでは100人の女性にあっても自分が望んでいる彼女を見つけることは難しい。

 

もっと言えば「彼女とどうなりたいのか」が見えていない。

例えば、

  • 彼女とどんな時間を過ごしたいのか?
  • 彼女とドコへ行きたいのか?
  • 彼女と大切にしたいものはなんなのか?

 

だいたいの人は容姿や性格について答えるが、本当に欲しいのは「彼女と幸せになれる関係性」のはずである。

 

単なる”彼女”ではなくて、あなたの人生を豊かにしてくれる彼女なのだ。

 

そして、それはあなたのライフスタイルや趣味・嗜好によって彼女とどのように過ごしたいかによって変わってくる。

 

↑あなたの趣味を一緒に楽しめる女性は?

 

アートや音楽が好きで一緒に美術館に行やコンサートに行きたいのか、アウトドア好きな人でキャンプに一緒にいけるような人がいいのか…

 

夏が好きで温かいところやキレイな海の近くに住めるような人がいいのか、それとも秋や冬が好きでほどよい大きさの街に住むような人がいいのか…

 

やさしい彼女自己主張が強くない彼女では、彼女の趣味嗜好がぜんぜんわからないので、ドコで会えるかもわからない。

 

しかし、どんな場所に住んでいそうか、どんな場所に住みたいと思っているかがわかれば、「理想の彼女の要素をもった女性」がたくさんいる場所をみつけることができる。

 

そして、その中から「優しい、口数が少なくおっとりした自己主張が少ない女性」を探せばいい。

 

このように「本当に欲しいモノ」を明確にすると、何をすればいいか行動の第一歩も見えてくるのだ。

 

だから、あなたも幸せに満たされる生活をしたいと思うのであれば、あなたが本当に欲しいモノを明確にする作業をしなくてはならない。

 

僕がどのようにして欲しいモノを明確にし、そして手に入れているかは、以下の無料メールマガジンで伝えている。

 

あなたの生活を豊かにする「本当に欲しいモノ」を明確にし、手に入れる方法を知りたい>

※満員になりましたので終了しました。

 

低リスクで確実性の高い手段を選んでいるから

ここでの「低リスク」と「確実性の高い手段」の言葉の定義を先に説明しておくと

  • 低リスク=「何度も繰り返せる」
  • 確実性の高い手段=「信頼できる手段」

ということである。

 

つまり、何度も繰り返すことができて、確実性の高い方法を選んでいるから、成功するまで試行錯誤できるし、確実性が高いから失敗するリスクをさらに低減できるということだ。

 

多くの人は「一発逆転で人生を良くしたい!」と思いがちで、だからこそ「高リスク・ハイリターンな行動をとらなければ!」と思い込みがである。

 

これはとても危ない考え方だ。

例えば

  • 極端なダイエット→リバンドを繰り返している人
  • ギャンブルで借金を返そうとしている人
  • 高いコンサル費用を払えば成功できると思っている人

というのがいい例だ。

 

無理を通そうとするものの、ムリは所詮ムリなので、一時的にはうまくいってるように見えても、後になって大きな反動をくらうことになる。

 

あなたの周りにも何度もダイエットに挑戦してはダイエット前よりも悲惨な状態になっている人はいないだろうか?

 

または全財産をかけてギャンブルやコンサルサービスに申し込み、その後一文無しで再スタートできなくなっている人はいないだろうか?

 

重要なのは最低でも3回失敗しても痛くないほど低リスクで失敗してもやりなおせる選択肢を選ぶことだ。

 

成功した人は、みんなハイリスクハイリターンを取っていると勘違いしがちだが、成功した人は頭がいいのでリスクを最小限に抑えるというのが事実である。

 

それから確実性について。

この確実性を抑えていることで、騙されたり、ブレたり、努力が水の泡になるというリスクを最小限におさえておける。

 

僕がうまくいった確実性の高いもの以下の3つ。

・信頼のできる企業
・そして信頼のできる人
・それから自分のスキルや熱意の有無

それぞれ説明していく。

信頼のできる企業を選ぶ

 

信頼できる企業が大切である最大の理由は、「確実に支払いがされる」ということである。

 

お金が欲しかった僕がインターネットて収益を上げることに確実性を見出したのは「 Googleが支払い本だったから」である。

 

日本のトヨタやソフトバンクよりも有名かつコンプライアンスに厳しいGoogleが支払い元であれば、嘘をつくことや倒産することがほぼないので自分がうまく行っていれば確実に収益を上げることができると考えた。

 

結果的にGoogleは一度も支払いを滞ることなく、毎月決まった日に確実に振込をしてくれている。

 

逆に確実性(信頼)の低い企業の案件に取り組んで失敗した経験もある。

 

簡単に言うと、その会社は倒産したために数十万円の売上を回収することができなかった。

 

もしあなたがせっかく収益をあげたとしても、あなたの手元に現金が振り込まなければ、それは成功とは言えない。

 

プロジェクトは入金確認までが一連の仕事なので、入金されなければ事業失敗である。

 

もし、この体験が初めての起業、初めての売上だとしたら、立ち直れないくらいのショックとなっただろう。

 

信頼のできる人を選ぶ

当たり前のように聞こえるが、信頼できる人を選ぶというのもとても重要である。

 

よくあるのが信頼できる人よりも「価格」や「できるか」を判断軸にしてしまい失敗することがある。

 

価格が安いからという理由で選んだり、自分には難しいからムリだと思ってしまう場合だ。

 

信頼できる人は付加価値が高いので、自分を決して安売りはしないし、求めるクオリティーも高い。

 

だからこそ、付き合うこと自体が難しく感じてしまうことがある。

 

しかし僕の場合、「信頼できる人」との出会い が僕の人生の分岐点となり、今の人生を歩めるようになった。

 

つまり、常に信頼できる人にしつこいまでに追っかけ回して相談し、または要求にこたえてきた。

 

その結果、あなたの背中を押してくれたり、あなたがみえていない世界を見せてくれるので、お金や時間に変えられることのできない特別な要素を提供してもらえるようになった。

 

僕の人生を変えるきっかけとなった「信頼できる人」の共通点は

・落ち着いてリラックスしている。
・あまり多くを語らない。
・ズバ抜けた才能を持っているが謙虚である。
・話
に筋が通っている。
・律儀で人を大切にする。
・ 長期的、短期的な見通しを持っている。
・ 芯があり、特定のことには頑固である。
・真心があり優しさがある。
・愛を持って接してくれる。

 

こうした特徴をもっている人は実績も、もちろんあるのだが人生を通して付き合っていきたいと思えるような人柄であり、一緒にいるだけで自分が楽しみながら成長できる存在である。

 

逆に、もちろん人付き合いの失敗もしたこともあります。

  • 某有名ユーチューバーの高額コンサルを受けるも、全く内容がともわっていなく信じられなくなった。
  • 信用できる人だと思って仲良くしていたら、コキ使われるだけ使われて、さらには詐欺行為までやらされそうになった。

 

僕の能力が足りていなかったということもあるが、自分が100%悪いというだけではなく相手が「利用するだけ利用する人」であった事実も確かなのだ。

 

その後その人たちが詐欺事件に巻き込まれたり、元従業員から石を投げられたりと、恨みをかってしまっていることからもそのことがわかる。

その一見成功しているお金持ちの話や言うことを聞いて詐欺でもなんでもやっていれば確かに、お金持ちにはなれたかもしれない。

 

しかし、きっとどっか心の奥底で「何かが違う」と思いながらも
お金が稼げていることを言い訳にし違和感を持ちながら生きることになっただろう。

 

今でも単なる金持ちを信頼しなくてよかったと心の底から思っている。

 

たくさんのお金を稼いだにも関わらず酒や覚醒剤に溺れたり、壊滅的な人間関係を齎していたり最終的に自殺してしまっている人は、そんな人たちだからだ。

 

自分のスキルや熱意の有無

そして最後の「自分の持っている熱意とスキルこそが成功要因のカギである」ということだ。

 

つまり、どんな信頼できる会社やどんな信頼できる人があなたの周りにいたとしても、あなたが行動しなければ何も変わらないということだ。

 

そして、始めたとしても熱意とスキルがなければ失敗の連続に心が折れて続かないし、うまくいったとしても一時的で永続的ではない。

 

また、最初からスキルと熱意を持っている人はいないので、

「すでに持っているスキルを使って後で熱意をモテるものを探す」

「熱意があるものを初めてスキルをじょじょに身につける」

という2つのパターンがある。

 

いずれにせよ、スキルと熱意は両方必要で最初に伝えたとおり、僕がうまくいっている要因「自分が欲しいモノを低リスクかつ確実性の高い選択肢を選び続けた結果」

に到達するためには、この2つが必要なのだ。

だからこそ「好きなことを選び続ける」という行動をとりつづけることができるのである、

 

好きなことを選び続けることって実はとても勇気がいることです。

 

例えばそれは、

  • 好きになった人になん回振られてもアタックし続けることでもあり、
  • 好きなことを続けるためにお金がなければ、どうにかしてお金を工面してでもつづけることであり、
  • どんな脅迫にあっても一貫して好きなことを選び続けること

だからだ。

 

このようになってしまうと自分の好きな人や、好きなことを諦める人生を送ることになってしまう。

 

そして、他人に対して

「自分も我慢しているんだから、お前も我慢しろ」

「いつまでも子どもみたいに、理想ばかりを見るなよ。現実を見ろよ。」

「妥協も必要だよ?」

なんて言葉を走らせてしまう。

そして、まさに今の窒息しそうなほど閉鎖的な日本社会を作ってしまっているのだ。

 

しかし、スキルは車を運転する技術と同様にだれでも身につけることができる。

 

60才のおばさんであっても車を運転できるのだから、スキルというのは誰にでも身につけられる。

 

そして、なにより身につければ忘れることはないのだ。

 

そして、情熱を注げる夢や趣味をあなたも子どもの時に持っていたはずだ。

 

しかし、多くの人から非難されたり、誰かに説得されて諦めている。

 

今後も続く満たされない生活で残りの人生を過ごすのか、本当に好きなことや欲しいモノを求めて毎日イキイキとした生活を送って人生を楽しむかは、あなた次第なのだ。

 

僕が「本当に欲しいモノ手に入れるスキル」を習得した方法

今の状況(海外を移動しながらサーフィンする生活)を夢に描いてから状況になるまでに10年という月日がかかった。

 

その夢を実現させるために高額なセミナーに参加し勉強代は500万円を超えている。

 

本も毎年買って累計50万以上は支払っている。

さらにこの5年間では2000万円以上を費やし、海外を転々と移動し続けている。

 

こうした勉強(インプット)と行動(アウトプット)により、スキルをみにつけてきた。

 

しかし勉強代にかけた500万円も、旅行に費やした2000万円もそして10年という月日も決して後悔することおはないだろう。

 

なぜならば、好きな物に囲まれているから。

 

もし僕が、あの時にこの夢を諦めて中学校の英語教師になっていたら、毎日後悔していただろう。

 

そして、「本当はこんなはずじゃなかった。」「自分にはもっとやりたいことがある。」などというつまらない不平を口にしていたかもしれない。

 

そして、もしあなたが今、

  • 自分の人生を好きなものでかこい幸せになりたい
  • 時間と場所に制限をかけず生活できるようになりたい
  • 不平不満だらけのストレス社会から抜け出したい
  • 円満な夫婦生活に戻りたい

と思っているのであれば必ず僕が身につけてきたスキルが役立つはずだ。

 

僕が体験してきたなかでも、本当に重要なのは全体の2割程度であり、ここに集中すれば、多くの人が「本当に欲しいモノを手に入れるスキル」を身に着けて希望や夢に溢れる人生を歩めるはずだ。

僕はそんな人たちを僕の力でまずは5人増やしたいと思っている。

 

自分の欲しいモノを明確させ、自分の人生を好きな人やモノで囲まれて暮らしたい人は以下のリンクからスキルを身につける方法を受け取って欲しい。

 

【残りわずか】欲しいモノを手に入れるスキルを習得する>

※無料で「1ヶ月のスキル習得プログラム」を提供しています。満員になりしだい終了します。

※満員になりましたので終了しました。

 

タイトルとURLをコピーしました