「好きなことをして生きてみたい、なら...」>
▶ 習慣化レポート 〜理想的な人生を歩むための第一歩〜

『お金さえあれば自由になれる』と勘違いしていませんか?
『なかなか一歩が踏み出せない』と思いとどまっていませんか?

続きを読む...>

習慣化レポート〜理想の人生を歩むための第一歩〜

もし、あなたが「習慣にするのが難しいんだよね〜」と1度でも口にしたことがあるのならば、ぜひ最後まで読んでください。

 

習慣化はトレーニングや忍耐、自制心が必要だと思っていたら、その考え方が習慣化を難しくさせている犯人です。

 

はじめに人間には本能として「快感」を求めて行動するようにできています。

 

人間が誰かから教わらなくてもSEXできてしまうのも、美味しいものを食べたくなってしまうのも、ついついアルコールを飲んでしまうのもそれが「快感である」と脳が認識してしまっているからです。

 

そして、人間は「快感」を得られる行動を勝手にとり、継続してしてしまうので、知らない間に「習慣」を獲得してしまっています。

 

そう、「快感」こそが習慣化のはじまりなのです。

 

しかし、この「快感」は良い習慣だけではなく、悪い習慣も勝手に修得してしまう、という落とし穴があります。

 

最初にも述べたように、僕たち人間が大好きなお金やSEXもお酒も糖分を、ついつい追いかけてしまうのも、全てこの「快感」を 追い求めてしまう人間の性質から来ています。

 

頑張って止めようとしても、本能的に欲しがってしまうので止めることができません。

 

お金はその中でも強い快感をもたらすので、誰もが大好きです。

・お金さえアレば幸せになれる。
・お金さえば欲しい物が買える。
・お金さえアレば、もっと素晴らしい自分になれる。

と、多くの人が「お金さえあれば、好きなことができる!」というような、お金至上主義のお金依存的な考え方になっています。

 

それでもなかには、「お金は好きじゃない。」という人もいるでしょう。

しかし、もし、あなたがお金が欲しくないと言いつつも、イヤイヤ会社に行って仕事をしているとしたら、それはやっぱりお金に依存している証拠です。

そんなことを言えば、

「生活するためなんだから仕方ないだろう!」
「別に金が欲しいわけで仕事をしているわけじゃない!」

と威勢よく反論したくなる気持ちもわかるのですが、やはり、それは「お金が欲しいから仕事をしている」と声を大にして言っているのと変わりありません。

 

お金のためなら、会社の嫌いな上司の言うことだって聞けるし、自分の正義に反する嫌なことさえもできてしまうのだから、圧倒的に「お金依存」しています。

 

お金のためにイヤイヤ会社に行って、ストレスをため、なかには体を壊す人まで出てしまうのは、飲みたくないのにアルコール依存症であるがために、飲んで体を壊してしまっている人と全く同じ現象です。

 

SEXでいえば、結婚している夫婦が『セックスレス』により、「快感」がえられなくなり、破滅にいくケースもよく聞く話です。

 

人間はSEXで得られていた快感を得られなくなると、代わりに「自慰行為」という形に変えて快感を得ようとします。

 

しかし自慰行為で満足できない人は、さらに他の形、つまり「外の他人」に求めて快感を得ようとします。

 

これが多くの人が浮気をしたり愛人を作ったりして『夫婦の関係を破滅』という悪い結果をもたらす原因です。

 

SEXで得られる「快感」を求めてしまうのが人間だから、しかたありません。

 

糖分もアルコールも同じことが言えます。

糖分もアルコールもセックスレスのように外に行く事は無いのですが、 量がドンドンドンドン増えていくという性質があります。

 

なぜなば、「快感」を 得るためのセンサーがバグってしまい、どれだけ与えても満足しなくなってしまうからです。

 

そうすると人間は狂ったように量を増やし続けてしまいます。

猿が玉ねぎの皮をむき続けて、全てなくなるまで向き続けてしまうのと同じ行為です。

 

しかし人間の体は、どれだけアルコールを与えても、どれだけ糖分を与えても耐久性がある強い体でできているわけではありません。

 

与えすぎると体はドンドンドンドン壊れていきます。

アルコール依存症の人は、精神が壊れ、異常行動が目立つようになってきます。

 

自分で自分をコントロールすることができなくなるからです。

アルコールがきっかけで家庭内暴力になったり、ギャンブル依存症に陥っていく人達をみれば、火を見るより明らかな現象です。

 

糖分を取り続けている人は体重がドンドンドンドン増えて見るからに不健康な体になり、精神的にも蝕まれてきます。

糖分のとり過ぎは、糖尿病や癌だけではなく、認知症やうつ病との因果関係が指摘されていますし、それを体験をもって知っている人も多いでしょう。

 

いずれにしてもいいことがありません。

 

このように人間には『快感がきっかけで自動的に悪い習慣を獲得する』ようにできています。

 

しかし、この「快感」は 悪い習慣を作るだけではなく、良い習慣を作るためにも役立ちますし、使われています。

 

なぜならば最初にも言ったように人間には快感を求めることが本能的に備わっているからです。

 

例えばこんなことが当てはまります。

 

朝の寝起きに暖かい適温のシャワーを浴びると目が覚めてスッキリするこれも快感です。

一日中そとを歩き回り、汗まみれになった後、家に帰ってシャワーを浴びて新しい洋服に着替えること。これも快感です。

仕事で疲れてクタクタの時にゆっくり湯船につかってリラックスするこれも快感です。

忙しくて1日中歯を磨く時間がなかったときに口の中がザラザラして気持ち悪くなりますが、歯磨きをすることによってスッキリきれいになる。これも快感です。

1週間仕事で忙しくしていて部屋が散らかったままでとても気持ち悪い状態から掃除してきれいにして スッキリする。これも快感です。

毎日ゆっくりお風呂に入いり、毎日、清潔でキレイな洋服を着たいと思うのも、「快感」を得られるとわかっているから毎日やり続けてしまうのです。

 

実際に、多くの人が快感を得ている自覚がなくても、服を着替え、歯を磨き、体を洗うという「習慣」を勝手に身に着けていることに気がつくでしょう。

 

そして、これらの快感は、悪い習慣とは違って、あなたに幸せや良い循環をもたらす事はあっても、あなたを破滅に追いやる事はありません。

だから「良い習慣」なのです。

 

しかし、この「良い習慣」を手に入れることが、なかなか難しいのが現状であり、現代社会です。

 

現代社会では「多忙、ストレス、不快感」が強すぎるため、ゆっくりお風呂に入ることも、ゆっくり歯を磨くことも、または清潔な洋服に着替えることにすらも「快感」を感じることができなくなってしまいます。

 

なぜならば、それをやったところで待っているのが「次のストレス」だからです。

・朝に シャワーを浴びるのもストレスな1日に飛び込む準備段階。
・ 歯を磨くのもストレスな1日が始まる第1歩。
・ 仕事を終えて家に帰ってきて、お酒を飲んで「まずは今日の
ストレス解消!自分へのご褒美!」となり、風呂に入らず寝てしまう。

となってしまっては、本来感じられるべき「快感」を感じることができません。

 

快感であるべき行動が、常に「ストレスとの戦いの準備」となってしまっているからです。

 

「多忙やストレス、不快感」は、あなたの思考回路と行動に異常行動を起こさせます。

 

常に臨戦態勢にさせて、まるで洗脳された戦闘員のように、「感情」や「自己愛」を制御されて、どんどん、「あるべき姿の人間」から遠ざり、自分を失っていきます。

北朝鮮をイメージするといいかもしれません。

 

多くの人が、この「本来の自分」と「それがゆるされない環境」に『違和感』を感じながら生活しています。

 

そして、その『違和感』を解消するために、『アルコール』や『糖分』、『SEX』という、「すぐに簡単に手に入れられる快感」にハマってしまうからです。

 

もしあなたが
「自分は不幸の星に生まれたかわいそうな人間である。」とか、「私がこんな現状なのはアイツが悪いからだ!」

という感情を抱えて、 脳みそが焼けるほどの悩みを抱えているのであれば、あなたは

「ほんらいありたい自分」と「そうさせてくれない現代社会」

との間で生じる『違和感』と葛藤しているからでしょう。

 

その『違和感』を解消させるためにアルコールや糖分、他人とのセックスよりも短時間かつ効果的にどこでもいつでも 解消できる方法があります。

 

そして、その方法は、「良い習慣」を獲得するための第一歩であると同時に、SEXの時のような大きな快感を得ることができます。

ただこの方法を伝えたところで、あなたは「 そんなことで私の悩みが解決されるわけがない。」 と信じてくれないでしょう。

 

ですので本当に興味がある方、これから伝えることをしっかり聞いてくれる方のみに受け取ってほしいと考えています。

 

今すぐメールで、 具体的なやり方を口頭で伝えるので受け取ってください。

 

無料ダウンロード>

 

無料ダウンロード>

タイトルとURLをコピーしました