「好きなことをして生きてみたい、なら...」>
▶ 習慣化レポート 〜理想的な人生を歩むための第一歩〜

『お金さえあれば自由になれる』と勘違いしていませんか?
『なかなか一歩が踏み出せない』と思いとどまっていませんか?

続きを読む...>

瞑想を初める前に知っておきたい、たった1つの…

 

はやい話、「体中の筋肉がトロケルような深いリラックスをしたい」という けではなく、こんな悩み

  • 夜になかなか眠れないと悩んでいる。
  • 寝ても寝ても疲れている。
  • 花粉症に悩んでいる。
  • 鼻詰まりに悩んでいる。
  • 無理なくダイエットしたい。
  • 慢性的な肩こりや首コリに悩んでいる。

を1つでも抱えているとしたら、呼吸をするだけで解決できるかもしれません。

 

そして、もし、あなたがこの場で最低限30秒間、息を荒げることなく息を止めていられないとしたら、その可能性は飛躍するでしょう。

 

再生ボタンをクリックして30秒息を止められるかやってみる↓

 

たった30秒息を止めるのが苦しいと思った人、息が詰まる感じがした人は、慢性的な酸欠状態と言ってもいいかもしれません。

↑こんな感じでストレスという名のプールで溺れながら生活していれば、それは息苦しい(体調不良やイライラする)のも当然です。

 

過度のストレスを抱えている人は、実際に呼吸ができていません。

 

体に酸素が回っていない状態は、もちろん、あなたの健康によくないので、ぜひ最後まで読んで解決してください。

 

とりあえず今すぐ息苦しさを解消したい人は、無料かつ、いつでも好きな時にできるオンラインのプログラムなので無料体験して解消してください。

8月の無料モニターは残り3名で締め切ります。
※Gmail、ヤフーメール、hotmailのみで受け取れます。

※2週間で、あなたの悩みが改善にちかずく効果を実感できるプログラムに仕上がっています。

 

「瞑想すると逆に頭がゴチャゴチャしちゃうんですよ。」と瞑想できない人が多くてビックリ

「瞑想してもとうてい無になんかなれない!雑念がすぐに頭にう浮かび上がってしまうんです!」という人によく出会いますが、それは1つのことを知っていないからです。

 

結論をシンプルにお伝えすると、呼吸に集中すれば、瞑想はうまくいきます。

 

瞑想の基本は呼吸だからです。

 

瞑想の基本が呼吸であることを知らなずに、瞑想初心者が「1発で無になる体験をしようとしている」としたら、それは野球初心者がバットの握り方をしらないのに、いきなり大谷翔平選手のようなホームランを打てると勘違いするくらい、おかしなことに気がつけるでしょう。

 

瞑想は無になる前に呼吸に集中するのが第一歩です。

 

〜以上終わり〜

 

【あとがき】やっぱり日本人に瞑想は誤解されまくっている!?

瞑想って、

足のしびれをひたすら我慢する苦行l

姿勢を崩すとお坊さんに肩を思いっきり叩かれる怖い修行!

だと僕も瞑想を実際にやるまでは思っていたんです。

 

たとえば、こんな風に思っていました。

「無になれないんです!すぐに意識が飛んじゃうんです。」

多くの人から「無になれないんです!すぐに意識が飛んじゃうんです。どうやればいいですか?」という質問をいただきますが、それ、当たり前です。

 

瞑想を習慣化するとわかるのですが、意識が飛ぶのが瞑想であり、とんだ意識を呼吸に戻すのが瞑想です。

 

瞑想に意識が飛ぶのも瞑想の過程です。

 

間違っていません。

 

ただ、意識が飛んだ後、呼吸に意識を戻すことを知らないだけです。

 

瞑想はとてもキツイ修行だ!

「瞑想はとても辛い修行だ!」というのも違います。

1分でできる心を安定させるための方法であり、日本人にはリラックスして意識を正常化させるための方法と言ってもいいかもしれません。

 

瞑想は心を鍛えるとか、自分に勝つための苦しい行いではありません。

 

だれでも苦しいことは嫌なので、苦しくなるために瞑想はやっていません。

 

気持ちよくなためにやっています。

 

もし瞑想が本当に苦行だったら、世界中でこんなに大きなブームになってないでしょう。

 

(日本人のように忍耐強さを持った民族よりも、その日暮らしのだらしないヒッピーに瞑想が流行っている理由を考えたらわかります。)

 

瞑想は、こうした「苦行」という誤解や勘違いから、特に日本人はには避けられていると思います。

 

もれなく僕も瞑想をするまでは、瞑想のイメージっていうのは、なにか辛い修行のイメージがありました。

 

でも、次のコトを知ったら、知らない間に瞑想が1分から5分に伸び、今では10分となり、他の瞑想方法も修得できるようになってきました。

 

 

1分間で瞑想の効果を感じられる、たった1つのコツ

もう、くどいくらい何度も言っているのでわかると思いますが、コツというのは「呼吸」です。

 

初心者向けの多くの瞑想をすすめる書物で共通する項目が呼吸です。

 

瞑想の基本が呼吸と言ってもいいのだと思うけれど、コレを多くの人が知らずに瞑想をしてしまいます。

 

僕も「呼吸が基本」だなんて知りませんでした。

 

この瞑想の基本動作をしらずにして、瞑想ができるわけないですよね。

 

よく考えれば、至極あたりまえのことなのですが(笑)

 

けれど、やっぱり「瞑想=辛い修行」というイメージが先行してしまい、先入観だけの間違った方法で瞑想をやろうとしてしまうから失敗してしまいます。

 

呼吸がいかに瞑想の基本であるかは、調べればすぐにわかることですが、知ったツモリになっているから、調べることさえしません。

 

それから、「そもそも普通の呼吸ができていない」という驚くべき結果の人が僕のまわりではよく見つかります。

 

30秒息を吐くことができないんです。

息を吸おうとしても、途中で詰まっって息が吸えないんです。

 

呼吸をしっかりしているツモリでも実はぜんぜんできていないんです。私生活で。

 

これでは私生活でも窒息してしまいます。

 

もちろん、あなたが原因というわけではなく、ストレス環境やスマホの使いすぎ、運動不足やオフィスに座り続ける環境が蔓延してしまっている結果なので、仕方ありません。

 

でも、しっかり呼吸をしたら驚くほど、自分の体質も考え方も変わります。頑張らなくても成果が出てきます。

 

僕の方で無料で、ビックリするくらい呼吸できるようになる方法をプログラムにして提供しているので、

「わかっているけど呼吸ができない。」

「そもそも呼吸ができているかすらわからない。」

という方は絶対に体験して欲しい。

瞑想をしなくても世界観がまったく変わってくるのだから。

8月の無料モニターは残り3名で締め切ります。

タイトルとURLをコピーしました