「好きなことをして生きてみたい、なら...」>
▶ 習慣化レポート 〜理想的な人生を歩むための第一歩〜

『お金さえあれば自由になれる』と勘違いしていませんか?
『なかなか一歩が踏み出せない』と思いとどまっていませんか?

続きを読む...>

仕事も恋愛も「平常心」なら成功率UP|1分の呼吸で心を落ち着かせる方法

「呼吸で心を落ち着かせることができる。」と気がついている人は、本当に洞察力が鋭い人だと思う。

 

お金もかからないし、道具もいらないから、その場でできるし、どんな状況でもできるから心を落ち着かせるには、本当に使える実践的な解決策だ、と気がついているかもしれない。

 

僕が最初に「しっかり呼吸をしてください。呼吸が基本です。」とアドバイスをもらった時なんて、

『呼吸で解決したら、今頃こんなに悩んでいない。もっと根本的なアドバイスをしてほしい。こんなことにお金払っているわけじゃない!』

と聞く耳を持たなかったからだ。

 

でも、いざやると効果抜群で、その内容をあなたにもシェアしたい。

 

ちなみに僕がこの記事を書く以前から、「呼吸で心を落ち着かせる方法」というのはいくつもあり、あなたもそれを読んだことがあるかもしれない。

 

僕が「投資額1万円でも10年で最大280万円にする方法あるよ。」と言ったら、みんな『それ絶対に詐欺じゃんw』とみんな笑った。でも、一緒にやってみると…

心が落ち着かない状態のまま頑張ることは、失敗に向かって頑張るのと同じ。

あなたももっと落ち着いて考えて行動をすれば、こんなしっぱいはしなかったはずだ!という経験はないだろうか?

 

心を落ち着かせないデメリットは非常に大きい。

  • 月曜日の朝、通勤ラッシュ中に無理に信号を渡ろうとして交通事故を起こしたり、
  • 好きな人に連絡したい気持ちを抑えられず、きがつけば自分から一方的にメッセージを送った形跡だらけになって嫌われたり、
  • 手元がくるって大事な作業を全部失敗においやったり、
と焦っている人の失敗談をあげれば、キリがないほどでてくる。

 

焦ったり、心がなんだかソワソワした状態は、なにをやってもうまくいかない。

やっている途中に自分が無意味な行動をとっていることに気がついて、血の気が引いたりすることがある。

 

1時間焦って仕事するよりも、10分間を冷静になるために使って、残りの50分で集中して作業するほうが結果的に、時間も早くおわり、質の高い仕事ができる。

 

【体験者の声】呼吸で心が落ち着かない4つの理由

呼吸で心を落ち着かせる方法というのを、あなたも以前試したことがあるかもしれない。

でも、次の4つのことを知っていたら、きっと効果を得られるはずなので、ぜひ知ってからもう1度、呼吸をしてみて欲しい。

 

心を落ち着ちつかせようと、焦ってしまう。

面白いもので、「落ち着こうとすれば、落ち着こうとするほど、落ち着くことができない。」というまるでコントでもしているかのような状況に陥りがちだ。

 

眠りたいのに眠れない、寝ようと意識すればするほど、眠れないのと同じだが、意識をすればするほど緊張してしまう。

 

心を落ち着かせようと、しなくても呼吸と心のメカニズムを理解しておけば、勝手に落ち着くことができる。

 

呼吸で心が落ち着くメカニズムを理解していない

結論から言うと、呼吸と心理状況は連動しており、呼吸がゆっくりになると、自然と心も落ち着いてくる。

 

専門用語では「情動呼吸」とも言われており、呼吸が浅く、早くなるとなると感情はネガティブになりがちになり、呼吸が深く、ゆっくりになると自然と心も落ち着いてポジティブにになってくる。

逆に、ネガティブな感情になっている時は、呼吸が浅く、早くなっているので、呼吸をゆっくり、深くにすることでネガティブな状態からポジティブな状態に転換することもできる。

 

緊張している時に、生理的に人間が深呼吸してしまうのも、落ち着きを取り戻すための生理的反応ともとらえることができる。

 

正しく呼吸ができていない

「呼吸なんて今もしてるんだからできるのが、当たり前でしょ!」と主持っているかもしれないが、もしあなたが30秒間、息を吐き続けることができなければ、呼吸が浅い部類に入る。

 

実際にやってみるとわかりやすいので、タイマーを押すと同時に息を吐いてみて欲しい。

 

呼吸する機能が弱っている

そもそも、 現代人の呼吸する機能は弱っていると言われている。

 

原因は慢性的な運動不足もあるがスマホやパソコン生活による姿勢の崩れなどもあげられる。

本来膨らむはずの肺や横隔膜が凝り固まっており、動かないということや、肋骨や肩甲骨まわりの関節が固まってしまっていて、十分に肺がふくらまないことなども言われている↓

姿勢が悪いから体調も気分も悪くなる?姿勢がよくなったら体調も気分も、思考力も良くなったという話。
...

 

それだけじゃなく「二酸化炭素耐性」が弱くなっており、少しの酸欠でも体やメンタルが過剰反応してしまうというのもある。

あなたにはどれが当てはまっただろうか?

2つでも当てはまるものがアレば、きっとここで紹介する呼吸法で、ビックリするような効果を実感するだろう。

 

呼吸するだけで、平常心を保てるようになると…

呼吸法を説明する前に、平常心がたもてると、どんな世界がまっているか?ということについてもシェアしたい。

5万円の海外旅行に行くよりも、圧倒的に非現実的な世界を体験することができるだろう。

 

僕の経験をはなしておくと、

理想的な彼女を獲得

〜 あなたの理想の容姿、体型、ファッションの女性がいた時に、臆せず声をかけることができますか? 〜

好きになってしまうと、人間は感情をコントロールするのが難しくなる。

 

会いたくなってしまったり、電話したくなったり、またはデートに誘って、そのうちにキスやSEXもしたいという欲求も強くなっていく。

 

そして、我慢すれば我慢するほど、ストレスになり、たまに欲求が全面に出すぎて、相手に嫌われるという経験は誰しもあると思う。

 

でも、呼吸で心を落ち着かせることができるようになると、相手のことを好きになってしまっても、ひたすら自分の欲求を我慢し、相手の話を聞いたり、理不尽でも相手の欲求を叶えるこことができる。

 

結果、自分の理想的な女性を彼女にすることができた。
(※現在はコロナの影響で遠距離恋愛になりそのまま破局にはなったが…)

 

ムダな時間と作業を75%削減

〜 忙しいを理由に、手当り次第に仕事をこなして長時間労働しちゃってませんか?〜

3年前までの僕は、手当り次第に重要そう、緊急そうと思える作業をこなしていた。

 

当時は気が付かなかったが、『多忙に追われていて焦っている自分』だった。

 

思考が浅くなり、『考えるよりも行動力!量!』ともろに体育会系ののりで仕事をしていた。

 

やっていたが、今は心を落ち着かせることで冷静にやることを分析し、効率良い順番で取り組むことができるようになった。

 

結果的にムダな作業と時間を75%も減らすことができた。

 

苦手だと思いこんでいた「習慣化」を獲得

〜 『苦手』は単なる、あなたの思い込みだとしたら?〜

僕は今まで、日記を書いたり、詳細な計画を作るということが本当に苦手だった。

 

特になりか同じルーティーンをひたすらやるということができない人間だった。

 

しかし、この呼吸エクササイズをするようになってから、苦手だった、「1日の計画」を立てたることの習慣化に成功。

 

もう2年以上継続できている。

 

1ヶ月後、3ヶ月後の予定を予め決めておくと、いままで直前になるまでやり残しておいたことが、雪崩のように襲いかかってくる、ということが無くなる。

 

習慣化の獲得は、時間を多く作れるようになって本当によくなった。

 

 

自分で自分の機嫌を取る方法を獲得。

〜 怒って解決する問題が、この世にあると思いますか?〜

この呼吸エクササイズをする前の僕は、機嫌が悪くなると感情を顕にしてしまっていた。今でいうところの、「自分で自分の機嫌も取れない恥ずかしい人」っていう感じだろう。

 

感情に振り回されて、行うコミュニケーションは、相手のまえでいきなり丸裸になって、さらに失礼なことを言うくらい恥ずかしいことだと思う。

 

思い出すだけで、顔が赤くなるほど恥ずかしい気持ちになってくる。

 

しかし、呼吸で心を落ち着かせることができるようになってからは、自分で自分の機嫌が取れるようになった。

 

いつでも自分を快適な状態にもっていけるのは、疲れた時にエナジードリンクを常備している以上の安心感を与えてくれる。

 

さらに、快適な時間をつくれるようになると、問題解決が格段と上がってくる。

 

僕の場合は「習慣化する方法」を獲得できたのが本当によかった。

 

自分が置かれている状況をよく把握できるので、今までの自分では至れなかった考え方をできるようになる。

 

実際に体験した方からも

  • 夜にすんなり眠れるようになった。
  • 久しぶりに熟睡できて、朝の快適度が違う。1日の生活が変わっきた。
  • たまに子供に脊髄反射的に怒りを爆発させてしまう機会があったけど、自分を抑えられるようになってきた。
  • 花粉症の薬がいらなくなりました。

なんて報告もいただいている。

 

3ステップで解説します。

 

今まで読んできた「呼吸で落ち着く方法」を全て忘れて、新しい呼吸法を習得する覚悟で続きを読んで欲しい。

 

【実践編】5分で心が落ち着く呼吸法3ステップ

【注意事項】このエクササイズの最中に、あくびが出て眠気が止まらないという人が続出しています。なので、眠れる環境でやることをおすすめします。

 

これから説明することを5回、多くても10回くりかえせば、心が強制的におさまる

 

慣れてくると、まるでスポーツをした後の清々しさ、気持ちよく温泉に入った時のスッキリ感を感じることができる。

 

ステップ1▶ 目を瞑る

立った状態でも寝た状態でもいいので、目をつむる

 

ステップ2▶ 口から息をゆっくり吐き続ける(目標:30秒)

できるだけゆーーーーっくり、口から息を吐く。目標は30秒。

 

 

ステップ3▶ 鼻から息をゆっくり吸い続ける(目標:30秒)

息を吐ききったら、今度は鼻からゆーーーーーっくり息を吸っていく。

 

これを5回もすると、心臓の鼓動がゆっくりとなり、凝り固まった筋肉や神経がゆるっとほぐれてくる。

 

肉体的にほぐれてくると心も連動するかのように落ち着いてくる。

 

鼻呼吸ができないという人は、このやり方を実践すればできるので、読んでから戻ってきて欲しい↓

10分で息苦しさを解消!簡単に口呼吸から鼻呼にする方法3ステップ
...

 

【コツ】自分が一番落ち着ける環境をイメージする

ディズニー映画の『ピーターパン』では、子どもたちがネバーランドに向けて空を飛ぶシーンがある。

 

ティンカーベルの「魔法の粉」をかけると子どもたちは、空を飛べるようになる、と勘違いされがちだが、実は飛ぶためには「飛べると信じる心」を持ち合わせていることが条件であることは、あまり知られていない↓

呼吸で心を落ち着かせるのも一緒で、実際に呼吸する心が落ち着いていくと信じるところが重要になってくる。

 

自分が1番落ち着くことができる場所をイメージしたり、 実際にその場所に足を運んでリラックスすることもいいと思う。

 

この思い込みからイメージする力は本当に効果がある。

  • イメージするだけで匂いがするくらい、
  • イメージするだけでよだれが垂れてくるくらい、
  • イメージするだけで涙がうかんでくるくらい、

想像できるようになると、 それだけでも心が落ち着いてくるのがわかる。
逆に自分の嫌いな人や気持ち悪いヘビやクモ、虫、くさいトイレをイメージすると不快感がまして、よけいにパニックになったり、イライラしたりという状態になってしまう。

自己嫌悪に陥らないで!どこでも5分でイライラした時に落ち着く方法
...

 

【まとめ】効果がなかった人がまわりにいない。

僕はこのこの心を落ち着かせるための呼吸エクササイズをのべ100人以上に伝えてきたが、効果を実感できなかったという人にまだ出会っていない。

音声で実際にガイドされる方法を試したい人は、ここから音声をダウンロードすることができる↓

ダウンロードする>

もし、効果が感じられないようだったら、コメントで教えて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました